トピックス & ニュースリリース

2017年09月05日

新たな追加型株式投資信託2商品の取扱いを開始
『ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)愛称:AI革命』
『米国インフラ・ビルダー株式ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)』

 千葉興業銀行(頭取 青柳 俊一)は、多様化するお客さまニーズにお応えするため、平成29年9月7日(木)より、以下の追加型株式投資信託の取扱いを開始いたします。

1.『ニッセイAI関連株式ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)』愛称:AI革命
  【運用会社/ニッセイアセットマネジメント株式会社】
●日本を含む世界各国の株式の中から、主にAI(人工知能)関連企業の株式に投資を行います。

AI(人工知能)とは、Artificial Intelligenceの略で、学習・推論・判断といった人間の知能のもつ機能を備えたコンピュータ・システムのことをさします。

●株式の運用は、TCWアセット・マネジメント・カンパニーが行います。
●「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2つのファンドから選択いただけます。
※詳細はこちらのパンフレットpdfをご覧ください。

2.『米国インフラ・ビルダー株式ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)』
  【運用会社/大和証券投資信託委託株式会社】
●米国におけるインフラ設備の建設、改修またはメンテナンス、建設資材の生産または輸送などに直接関わる企業の株式に投資します。  *株式にはDR(預託証券)を含みます。
●「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2つのファンドがあります。
●毎年1月13日および7月13日(休業日の場合、翌営業日)に決算を行ない、収益分配方針に基づいて収益の分配を行ないます。
①分配対象額は、経費控除後の配当等収益と売買益(評価損を含みます)等とします。
②原則として、基準価額の水準等を勘案して分配金額を決定します。ただし、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないことがあります。
※詳細はこちらのパンフレットpdfをご覧ください。

 ちば興銀では今後もお客さまニーズに幅広くお応えできるよう商品ラインナップの見直しを行い、ご満足いただけるよう努めてまいります。

 ※投資信託ご購入の際は、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みいただき、ファンドの内容を充分にご理解のうえ、お申込みください。
 

商号等         株式会社 千葉興業銀行
登録金融機関      関東財務局長(登金)第40号
加入協会名       日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

以上

前のページに戻る

Get Adobe Reader

マークおよびPDFの表記のあるリンクはPDF形式のファイルです。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードはこちら 

ページの上部へ