個人のお客さま(HOME)キャンペーン・新商品情報資産形成応援 積立投信スタートキャンペーン

キャンペーン・新商品情報キャンペーン・新商品情報

※キャンペーン最終日(2021年2月26日)のお申込受付は、下記の通りとさせていただきます。
店頭でのお申込み▶2021年2月26日(金)正午まで
インターネットバンキングでのお申込み▶2021年2月26日(金)14時お手続き完了分まで

対象条件 プレゼント金額

投資信託取引口座を開設し、投資信託積立サービス「コスモス街道」を月額5,000円以上新規契約されたお客さまへ
①をご契約のお客さまで②、③をご契約された方にはさらに現金プレゼント!

住宅ローンを新規契約(500万円以上)されたお客さま
または既に住宅ローンをご利用中のお客さまへ

投資信託積立サービス「コスモス街道」を月額20,000円以上新規契約されたお客さまへ

※上記①は必須、②③は対象条件に当てはまる方へのプレゼントとなります。なお、積立期間等には一定の条件がございますので、キャンペーンに関するご留意事項をご確認ください。

お取引とプレゼント提供の一例

キャンペーン期間中、住宅ローンをご利用中のお客さまが投資信託取引口座を開設し、コスモス街道を月額5,000円以上新規でご契約いただいた場合、2,000円の現金プレゼント

キャンペーン期間中、投資信託取引口座を開設し、コスモス街道を月額20,000円以上新規でご契約いただいた場合、2,000円の現金プレゼント

キャンペーンの流れと対象について

値下がりも乗り越えられる!? それが積立投資です。

※上記は一定の前提に基づき試算したものであり、実際の投資成果ではありません。また、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

卵の買い物で考えてみましょう。1万円分の卵を3回に分けて、3万円分買うとします。

卵の時価が1個100円の時は100個買えます。1個70円の時は142個買えます。さらに1個50円に値下がりした時は200個買えます。3万円で卵は442個になりました。その後、卵の値段が150円になりました。卵は442個あるので、その価値は442個×150円=66,300円になりました。

ただし、値動きによっては「積立投資」よりも「一括投資」のほうが結果的に有利になる場合もあります。
また、場合によって、運用成果が投資した元本を下回ってしまうケースもあります。

投資は「価格」だけに着目するのではなく、「量(口数)」を意識することが大事です。積立投資は「量(口数)」がポイント。 値下がりを「量(口数)」をたくさん買えるチャンスに変えることができる、お買物上手な投資方法が積立投資なのです。これにより、相場が反転すると、値下がり時に買いこんだ「量(口数)」に上昇した「価格(基準価格)」が掛け合わさるので、投資信託の評価金額は一気に上昇します。

キャンペーンに関する留意事項

●個人のお客さまがご利用いただけます。

●店頭および「ちば興銀ダイレクト」(インターネットバンキング)でのお取引が対象です。

●2020年11月2日(月)~2021年2月26日(金)の期間内に以下①②③④のお取引が確認できた場合にプレゼントの対象となります。なお、①はキャンペーン対象の必須のお取引となります。
①投資信託取引口座を開設し、投資信託積立サービス「コスモス街道」を月額5,000円以上新規契約された場合
②住宅ローンを新規契約(500万円以上)された場合または既に住宅ローンをご利用中の場合
③投資信託積立サービス「コスモス街道」を月額20,000円以上新規契約された場合
④2021年3月から2021年5月までに2回以上引き落としが確認できた場合

●本キャンペーンは自動エントリーです。

●キャンペーン期間中に複数回ご契約いただいた場合でも、プレゼントはお一人さま1回限りとさせていただきます。

●2銘柄以上申込みの場合、月額の振替総額が2万円以上であれば現金プレゼントの対象です。

現金プレゼントは2021年6月30日(水)までに2021年5月31日(月)時点の投資信託指定預金口座にご入金予定です。ご入金時点で投資信託指定預金口座が解約されている等ご入金できない場合は対象外となります。

●住宅ローンの新規契約は借入金額500万円以上かつ返済期間1年以上のご契約が対象です。

●住宅ローン利用先は2020年9月末、または2021年2月末に残高のある方が対象です。

●現金プレゼントされた金額は、雑所得として課税対象になる場合があります。

※詳細は所轄の税務署または税理士等にお問い合わせください。

●投資信託は値動きがある商品ですので、キャンペーン期間中のお申込(ご購入)が必ずしも有利になるとは限りません。お申込にあたっては、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みいただき、ファンドの内容を十分にご理解のうえお申込みください。

●当行取扱商品のラインアップは、こちらでご確認ください。

●NISA(少額投資非課税制度)口座・つみたてNISA専用商品を含む、全商品が対象です。

投資信託に関するご注意事項

投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。

当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。

当行ではご購入、ご売却のお申込みについて取扱いを行っております。投資信託の設定および運用は各運用会社が行います。

投資信託は、投資元本が保証されている商品ではありません。また、過去の運用実績は、将来の運用結果を約束するものではありません。

投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。

投資信託の基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)等の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。

組入れ有価証券(株式・債券等)等の価格は、株式指標、金利、その他有価証券等の発行者の信用状態の変化等や、取引が十分な流動性の下で行えない(流動性リスク)等を原因とした値動きにより変動します。

外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動(為替変動リスク)により基準価額が変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。

投資信託のお申込みにあたっては、当行所定のお申込手数料(最大3.3%[税込み] )がかかるほか、一部のファンドは換金時に信託財産留保額(最大で基準価額の0.5%)がかかります。また、保有期間中には、信託報酬(実質最大2.42%[税込み]程度)がかかるほか、組入れ有価証券の売買委託手数料や監査報酬等のその他の費用(運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません)がかかります。なお当該手数料の合計額については、お客さまがファンドを保有される期間等により異なりますので、表示することができません。また、上記の費用等については2020年4月1日時点のものであり、今後変更となることもございます。くわしくは、各ファンドの契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。

投資信託をご購入の際は、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みいただき、ファンドの内容を十分にご理解のうえお申込みください。

株式会社 千葉興業銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第40号
加入協会:日本証券業協会

ページの上部へ