「リレーションシップバンキング」とは?

長期継続する取引関係の中から、借り手企業の経営者の資質や事業の将来性等についての情報を得て、この情報を基に融資を実行する金融機関の経営手法を「リレーションシップバンキング」と言います。わが国においては、中小・地域金融機関(地銀、第二地銀、信金、信組)がその中心的な担い手となっています。

※くわしくは、金融庁ホームページ アクセスFSA第9号の「金融便利帳:リレーションシップバンキング」 をご覧ください。

リレーションシップバンキングの機能強化計画

Get Adobe Reader

マークおよびPDFの表記のあるリンクはPDF形式のファイルです。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードはこちら 

ページの上部へ