トピックス & ニュースリリース

2015年12月21日

ドローンを利用したシステムの試作開発を支援
~ ものづくり・商業・サービス革新補助金を活用 ~

 千葉興業銀行(頭取 青柳 俊一)は、ASロカス株式会社(以下、同社)が行う「無人航空機(ドローン)を利用したがけ崩れ危険個所監視システムの試作開発」について、認定支援機関としてのサポートを実施し、開発に必要な事業資金の支援を行っておりますのでお知らせいたします。

 同社は、デジタル地図データの制作を中心に、地理情報システム(GIS)の開発から販売まで、デジタル地図に関するさまざまな分野を事業対象としております。特にGISアプリケーション開発の分野に強みを持っている会社です。
 
 同社が今回手がける事業は、がけ崩れ危険個所に定期的に無人航空機(ドローン)を飛行させて上空から撮影し、その変化を動的に捉え、がけ崩れ危険個所を監視するシステムを試作開発するものです。また本件開発には、東京情報大学(千葉市)との技術交流も進めております。
 
 当行はこの開発にあたり、中小企業庁が実施する「ものづくり・商業・サービス革新補助金」を含め、開発における計画・体制・関連情報の提供など開発全般に関するサポートと助言を行いました。なお、補助金交付申請手続きについては、当局審査の結果、採択事業者の決定を受けております。

【ものづくり・商業・サービス革新補助金】

この補助事業は、ニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関等と連携して、革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企業を支援するものです。

 
 当行はこれからも、コンサルティング機能を発揮し、お取引先企業の強みを最大限に活かした提案を行い、中小企業の発展に貢献してまいります。

【支援先の概要】

社 名(代表者) ASロカス株式会社 (代表取締役社長 船山 亮司)
本社所在地  千葉県市原市五井3926番地1
 設立・資本金  昭和55年1月30日 ・ 1億円

 

以上

前のページに戻る

Get Adobe Reader

マークおよびPDFの表記のあるリンクはPDF形式のファイルです。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードはこちら 

ページの上部へ