トピックス & ニュースリリース

2017年12月04日

READYFOR株式会社との業務提携第1号案件スタート!
~クラウドファンディングの活用による新たな資金調達手法をご紹介~

 千葉興業銀行(頭取 青柳 俊一)は、県内の創業間もない企業(以下、当社)に、業務提携しているREADYFOR(レディーフォー)株式会社(代表取締役 米良 はるか、樋浦 直樹(以下、同社))を紹介して同社の運営するクラウドファンディングサイト「Readyfor」を活用した資金調達手法の提案を行い、今般、当社のプロジェクト資金募集が開始されることとなりましたのでお知らせいたします。

 当社は、本年4月に松戸市北小金で起業した合同会社 CRASSULA(クラッスラ)(代表 松本 昇)という革カバン企画製造会社で、「技術力を生かしたオリジナルブランド製品の製作」と「地域の交流を活性化させるカバンづくり教室&ワークショップの運営」を当面の目的としております。今回の募集は、購入型クラウドファンディングというタイプで、プロジェクトの資金調達が成功した場合に、出資した支援者は商品やサービスでリターンを得るというものです。事前購入型ともいわれます。
 
 当行は当社からの事業相談をお受けする中で、地域において大きな「話題」作りが重要であると考え、クラウドファンディングの活用を提案しました。多くの支援者が集まることを期待しております。

※クラウドファンディングとは、金融とITが融合した金融テクノロジー(フィンテック)の一分野で、プロジェクト実行者がインターネットを通じて、不特定多数の方々(=Crowd)から資金を調達する(=Funding)仕組みのことです。出資に対するリターンの方法により「購入型」「寄付型」「金融型」の3タイプがあります。

  【プロジェクト概要】

プロジェクトタイトル 突然訪れた存続の危機。要のミシンを購入し新たな挑戦を続けたい
内 容 工業用ミシンの購入
支援募集目標金額 360,000円
申込単位数 2,000円~120,000円
募集期間 12月1日~12月27日
 リターン 例:オリジナルiPhoneケース、レザーベルト、当社カバン教室1年パス

 
 当行は、これからも外部機関との連携強化を図り、地域経済の発展ならびに地方創生に寄与する「コンサルティング・バンクの確立」実現を目指してまいります。

以上

前のページに戻る

Get Adobe Reader

マークおよびPDFの表記のあるリンクはPDF形式のファイルです。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードはこちら 

ページの上部へ