トピックス & ニュースリリース

2019年06月10日

AIチャットボットサービス「Collam(コラム)」の導入を決定!
~簡単、気軽に操作!お客さまの照会対応にAIがお応えします~

 千葉興業銀行(頭取 梅田 仁司)は、株式会社JSOL(代表取締役社長 前川 雅俊 以下、JSOL)が提供する、AIチャットボットサービス「Collam(コラム)」の導入を決定いたしました。2019年6月より開発に着手し、2019年10月からのサービス開始を予定しております。
 本システムの導入により、お客さまは簡単な操作で、お取引きに関する問い合わせを気軽にすることが可能となり、利便性が向上いたします。

 当行は、今後もお客さまの多様なニーズにお応えするため、積極的に商品・サービスの拡充に取り組んでまいります。

【背 景】
 2018年から当日振込の取扱いが24時間365日可能となり、深夜帯の照会対応と行員の業務効率化が課題となっていました。この課題解決策のひとつとして、今回、お客さま向けAIチャットボットを導入することとしたものです。

【サービスの概要】
 AIチャットボットサービス「Collam(コラム:Chatbot of learning like a magic trick)」とは、チャット形式の対話を通じ、お客さまの質問に対し、適切な回答をAIが行うシステムです。
 AIを活用した文章の解釈と状況に応じた柔軟な対応により、お客さまとの自然な対話を実現します。

※「Collam(コラム)」は、株式会社三井住友銀行が日本マイクロソフト株式会社と共同開発したAIチャットボットエンジンを、JSOLがMicrosoft Azure上で製品化し、提供しているAIチャットボットサービスです。

【サービス開始予定】
 2019年10月

【サービスの特徴】
 JSOLが提供するAIチャットボットサービス「Collam」は、システム自身が学習データを生成し、かつ、どのようなデータを登録するかを管理者に示唆するなど、運用負荷を大幅に軽減する仕組みが取り入れられております。またMicrosoft Azureのサービスプラットフォーム(PaaS)として展開されており、短時間で導入が可能であるという特徴があります。

※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。  
 

■株式会社JSOL
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川 雅俊)
https://www.jsol.co.jp/
株式会社JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客さまのより幅広いニーズにお応えできるICTサービスコーディネーター。
2009年1月、NTTデータ、三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究所との業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更するとともに、NTTデータグループおよびSMBCグループの一員として、お客さまのビジネスに貢献できるICTソリューションの提供に取り組んでいます。

 

以上

前のページに戻る

Get Adobe Reader

マークおよびPDFの表記のあるリンクはPDF形式のファイルです。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードはこちら 

ページの上部へ