トピックス & ニュースリリース

2021年06月25日

店頭タブレットシステムの運用開始
~営業店窓口取引のデジタル化・セルフ化を実現~

 千葉興業銀行(頭取 梅田 仁司)は、営業店窓口取引のデジタル化・セルフ化を実現する「店頭タブレットシステム」の配備を完了し、2021年6月1日より、全店舗で運用を開始いたしました。
 店頭タブレットシステムの導入により、これまでお客さまに複数の帳票に記載をお願いしていた手続きが、タブレットへの入力操作で完結し、お客さまの手続き負担と待ち時間が大幅に軽減しております。
 また、事務手続きの効率化で捻出された時間によって、お客さまへより一層丁寧な商品のご案内が可能となっております。
 当行は、引き続きデジタル化の推進・活用をとおして、地域やお客さまのさらなる利便性向上に努めてまいります。
 

 
概要
運用開始日 2021年6月1日(火)
導入店舗 全71店舗
タブレット導入台数 150台
対象業務 ・普通預金口座開設
・コスモスクラブご入会
・各種変更手続き(氏名、住所、電話番号変更)
システム開発委託先 沖電気工業株式会社(代表取締役社長  鎌上 信也)

IMG_8969

以上

前のページに戻る

Get Adobe Reader

マークおよびPDFの表記のあるリンクはPDF形式のファイルです。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードはこちら 

ページの上部へ