人材開発“キャリアプラン” 人材開発“キャリアプラン”

▶︎CDP(Career Development Program)

CDPは、キャリア開発・自己実現を支援する人事制度です。銀行が主導するのではなく、行員一人ひとりが主体的に自らのキャリアをイメージしながら、大きな目標に沿って、長期的・継続的に能力開発プログラムを組んでいくというものです。CDPと人事制度が連携し、“人と仕事の最適マッチング”が行われることで、「行員一人ひとりの自己実現」と「企業目的の達成」の両立を目指しています。2004年7月には、専門のキャリアアドバイザーによる「キャリア開発支援窓口」を開設し、「キャリア開発研修会」の開催や「相談」を通して、行員のキャリア形成支援の充実を図っています。

▶︎自己申告制度・ポスト公募制度・トレーニー制度の実施

●自己申告制度

自分の適性・能力を客観的かつ十分に分析・把握した上で、自分のやりたいことは何なのか、これから先どのようなキャリアを選択していきたいのかを自己申告することで、行員が自らの進路を自ら決められるようにするものです。 人事部では、行員本人からの申告内容を人材情報として登録し、人事異動や各種プロジェクトチーム組成時等に人選資料の一つとすることで、年齢や性差を問わず、能力とやる気を持った行員の更なる抜擢・育成を目指しています。

●ポスト公募制度

経営環境が大きく変化する中、銀行業務はますます高度化・専門化しています。これらに的確に対応する経営ニーズと、行員個々の主体的なキャリアビジョンに基づくニーズの統合を図ることを目的とした制度です。
対象となるポストは、支店長、本部専門職、各種プロジェクトチーム等です。実施の都度、どのポストを公募するのかが示され、各自が自身のキャリアビジョンに照らして自由に応募することができます。

●トレーニー制度

一定の期間、本部セクションにて実践的なOJTを実施し、実務に則した知識を習得しながら専門分野のスキルを身につけます。

主なトレーニー制度/●審査長期トレーニー ●資金証券国際業務トレーニー ●資金証券国際業務短期トレーニー ●お客さまサービス課課長トレーニー ●融資事務トレーニー ●ローンプラザトレーニー ●自己査定監査トレーニー

▶︎資格の取得

ちば興銀では、行員一人ひとりの資格取得に力を入れています。特に「外務員資格」「生命保険募集人資格」「損害保険募集人資格」の資格取得は必須であり、自主参加型のセミナーを開催し、取得に向けた支援をしています。また、「中小企業診断士」「ファイナンシャル・プランニング技能士2級」「ファイナンシャル・プランニング技能士1級」等の公的資格の取得を促進し、資格取得費用の援助や奨励金の制度を設けています。

地方銀行初!「グッドキャリア企業アワード2017」大賞受賞(厚生労働大臣表彰)

〜厚生労働省から「従業員の自律的なキャリア形成支援の取組み」について表彰〜
当行の『個々の従業員とのコミュニケーション機会の充実による自主性を重んじたキャリア開発支援』が評価され、2017年11月に「グッドキャリア企業アワード2017」大賞を地方銀行で初めて受賞しました。
本表彰制度は、厚生労働省が2012年度に創設したもので、他の模範となるキャリア支援の取組みを推進している企業などを表彰し、これを周知することで、企業の取組みを促進することを目的としています。当行が受賞した大賞は、従業員の自律的なキャリア形成支援について特に他の模範となる取組みを総合的かつ継続的に推進し、その成果が顕著である企業に贈られる賞です。当行は引き続き、多様な人材が能力を発揮できる環境づくりに努めていきます。

◆内定者全員との面談や、全従業員と人事部のキャリア面談(半年に1回CDP面談)の実施、「キャリア開発研修会」の開催、キャリア開発支援窓口・外部相談窓口の設置などの取組により、正規・非正規社員を問わず、個々の従業員とのコミュニケーション機会を多く設定し、従業員の主体的なキャリア形成を支援。

◆幅広い分野の通信講座を提供し、資格・検定試験合格者に対して奨励金を支給(自己啓発資格取得奨励金制度)。また、難易度の高い資格を受験するためのスクール費用等を援助する「ハイスキル自己啓発支援制度」も実施。