ちば興銀の人を知る ちば興銀の人を知る

お客さまの「良き相談相手」を目指す

人と人との関係は、すぐにできあがるものではありません。相手を知り、自分を知ってもらい、何度も会話を重ねる中で、良い関係ができあがっていきます。 “ちば興銀”とお客さまの関係も同じです。だから私は何度でもお客さまを訪問します。お客さまが心の内に秘めた悩みを打ち明けてくれる日が来るまで、粘り強くアプローチを続けます。

宮負卓矢

支店 コンサルティング課

2013年入行

入行理由/子どもの頃、祖母が経営するお弁当屋さんにスーツ姿の男性が来店するのを見て、「何をする人だろう」と子ども心に疑問に感じたことがあります。後に、地方銀行の行員であると聞き、地方銀行と地域との関わりを意識するようになりました。やがて、「私もこんな風に地元に貢献できたら」と思うようになりました。就職活動では、地域の金融機関に絞り、穏やかな社風に惹かれて“ちば興銀”に入行しました。

“ちば興銀”の宮負を信頼してくださったお客さまのために

支店のコンサルティング課は、渉外担当として、地域のお客さまのもとを訪問し、ニーズにお応えしていくことが主な仕事です。法人のお客さま、個人のお客さまを問わず、お客さまと密にコミュニケーションを取りながら「今、どんな課題を抱えているか」をお聞きし、課題解決のための提案をしています。
私は主に法人のお客さまを担当していますが、現在勤務する支店は周辺に大学があるため不動産業のお客さまが多くいらっしゃいます。また、駅前から続く商店街もにぎやかで、商店を営まれているお客さまの担当もしています。最初の訪問でお客さまのニーズを掘り起こせるのは希で、何度も訪問を重ね、信頼関係を構築していくことで、お客さまが少しずつお困りごとを話してくださるようになります。
だからこそ、当行の提案により、お客さまが抱えている課題を解決できたときの喜びは格別です。「“ちば興銀”の宮負を信頼してくださるお客さまに、少しでも貢献したい」という思いが、日々の仕事の原動力となっています。

お客さま視点で、“ちば興銀”にできることを考える

私が「お客さまのために」を強く意識するようになったのは、前任の支店で出会ったお客さまとのお取引がきっかけです。そのお客さまとちば興銀は、これまであまり取引が深まっていませんでした。私が担当するようになってから何度も訪問したり、窓口にいらっしゃった時にお声かけさせていただいたりしながら、距離を縮めていきました。やがて、お客さまが経営している店舗を見学させていただくことができるまでの関係になりました。すると、ある日、「融資をしてもらいたいんだ」とご相談してくださったのです。上司と一緒にお客さまのお話を伺い、こちらからもご融資のプランをいくつかご提案させていただき、契約に至りました。さらに話が広がっていき、「実は店舗を増やしたいんだ」「事業承継について悩んでいる」など、さまざまなお悩みを打ち明けてくださいました。私は過去の事例を紹介しながら、“ちば興銀”がお客さまのためにできることを一つひとつ説明していき、融資以外にもさまざまなお取引をさせていただくようになりました。
お客さまからも感謝の言葉をいただき、自分にとっても大きな経験となりました。これからもお客さま目線の提案を追求していきたいです。

尊敬する上司の背中を見つめながら

お客さまと良い関係を築き、ご相談一つひとつに親身になって応えていく。これが私の仕事のスタイルです。今は、会社経営に関するお話しに限らず、社長自身の相談にも対応できるようにしていくことが課題です。「住宅ローンを組みたいんだけれど、どうすればいいかな?」「株価が下がっているが、預けている投信は売った方がいいと思う?」などのお話を聞くこともあれば、時には入行数年目の私には即答ができないようなご相談もあり、そのたびに知識不足や経験不足を痛感します。日々、知識の吸収に努めながらも、上司にサポートをいただきながら、いち早くお返事をするよう心がけています。上司は知識が豊富で意思決定が早く、一緒にお客さまを訪問するだけで勉強になります。お客さまが安心してお話しできるような雰囲気を作るなど、お客さまへの配慮も素晴らしいです。いつか、私も尊敬する上司と肩を並べて仕事ができるよう頑張っていきます。