ちば興銀の人を知る ちば興銀の人を知る

とことん向き合い、解決の糸口を探る

“ちば興銀”は少数精鋭。入行前に聞いていた言葉通り、早い段階から責任ある仕事を任されてきました。支店の法人営業から本部の融資管理など、さまざまな部門を経験してきました。現在は、支店の営業課で、再び融資管理に取り組んでいます。たとえ業績が低迷している企業でも、じっくり向き合って話を聞くことで 解決の糸口が見えてきます。“ちば興銀”で積み重ねてきた経験により、お客さまを思う気持ちがより一層深まり、適切な判断力が備わりました。

丹生圭

支店 営業課 課長(撮影当時)

2006年入行

入行理由/経済学部在籍中、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したことから、金融業界に興味を抱くようになりました。「地元の金融機関に勤務し、地元の人々や企業を支えたい」と思い、千葉県の地方銀行を視野に入れて就職活動を進めました。入行の決め手は、「アットホームな社風と行員の人柄の良さ」です。

お客さまとともに、経営をサポートする

事業拡大や設備投資など、さまざまな理由から資金を必要とする法人のお客さまに貸し付けを行う“融資”は、銀行の代表的な業務の一つです。支店の担当者がお客さまから融資のニーズをヒアリングし、支店内で融資の条件などを検討し、承認がおりれば融資が決定となります。しかし、融資を受けたお客さまの中には、ご返済が困難になることもあります。そこで融資管理担当が、ご返済期間中のお客さまをサポートしています。
私は“ちば興銀”に入行後、まずは支店の法人担当として渉外の経験を積みました。その後本部に異動し、審査部企業支援室で支店と連携してお客さのサポートをしてきました。現在は支店の営業課長として勤務し、直接お客さまのご対応をさせていただいたり、部下の仕事のサポートをしたりしています。
融資管理の仕事は、お客さまからじっくりお話を伺うことから始まります。お客さまはどのような事業を展開しているのか、どこに問題があるのか、どんなことにお困りなのかを探ります。会社内に原因が見つかることもあれば、地域経済の動向など外的要因によることもあります。何度もお客さまを訪問し、時には公認会計士や税理士など外部の専門家の協力も得ながら、お客さまと一緒に「経営改善計画」を作成し、経営改善に向けた取り組みをサポートしていきます。

少数精鋭
その呼び名にふさわしい職場環境でスキルを磨いた

入行から14年。新人の頃は金融に関する知識がほとんどなく、ただただがむしゃらに突き進んできました。「“ちば興銀”は少数精鋭。若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる」と聞いていた通り、配属先の上司が成長のチャンスを何度も与えてくれました。
本部時代は支店を支援するかたちで融資管理の業務に携わり、数多くのお客さまの経営サポートに尽くしてきました。たとえば、「事業を拡大したい」という意欲を持ちながらも、業績が低迷していたお客さまが、「他の金融機関は相談に乗ってくれないんだ」とおっしゃっていました。私たちは「まずはお話を聞いてみよう」と思い、社長だけでなく、財務部長など他の役員にもヒアリングを行っていきました。直接お会いして話しを聞いていくと、会社の実態だけでなく、その方の人柄も見えてきます。事業に向き合う情熱や従業員を思う気持ち、そして地域に貢献していこうとする姿勢。「このような方々がいる会社なら、回復の見込みはあるかもしれない」――お客さまと協力して、経営改善計画を作り、内部体制の再構築を支援しました。やがて、低迷していた業績が回復していったのです。
よくよく話しを聞いてみると、キラリと光る“何か”が見つかることもあります。本部で初めて融資管理に携わった私は、じっくりとお客さまと向き合うことの大切さを学びました。そして、融資管理を通じて、より深くお客さまのお気持ちが理解できるようになりました。

部下とコミュニケーションを密に取り、成長の一助となる

支店の法人営業としてお客さまと向き合った経験も、本部の融資管理担当としてお客さまの経営サポートをした経験も、これまで経験してきたことすべてが、今の私の財産となっています。たとえば本部勤務後、再び支店の法人営業として融資を必要としているお客さまと向き合った時、「本当にこの融資はお客さまにとって必要なのだろうか」と熟考するようになりました。経験を積み重ねる中で適切な判断力が磨かれ、「お客さまのために」という思いがさらに深まっていったのだと思います。
営業課では融資管理以外にも、住宅ローンや無担保ローンの申し込み受付や契約書の作成などにも対応しています。営業課に配属になった新人に融資事務の進め方を指導し、成長をサポートするなど、人材育成にも取り組んでいます。コミュニケーションを密に取りながら、「1か月後、ここまできるようになるといいね」とその都度、少し上の目標を掲げ、モチベーションを持って仕事に取り組んでいけるような指導を心がけています。そして、私自身が本部時代に得た知識や経験も部下に伝えることが、部下の成長の一助となるなら、これほど嬉しいことはありません。