INTERVIEWS 06
営業企画部
川名 千尋
営業企画部 調査役 2007年入行

大学では国際関係学部に所属。ヒンディー語を専攻し、インドへの留学も経験。業界を絞ることなく就職活動を行うなかで、人々の生活に欠かせない役割を持つ金融業界に興味を持ち、ちば興銀に入行。入行後は、本店営業部で窓口担当を経て人事部に異動。その後、現在の部署へと異動し、さまざまな企画に携わっている。

お客さまのニーズに合わせて、
さまざまな企画を行う

私が所属する営業企画部は、文字通り、営業に関する企画を行う部署です。法人・個人を問わず、お客さまのニーズに合わせたソリューションが提供できるよう、さまざまな商品・サービス(ビジネスマッチングや投資信託、保険など)の企画を行っています。また、行内のDX推進を行うチームもあります。
そのなかで、私が現在担当している業務は主に2つあります。一つは、確定拠出年金(個人型・企業型)に関する業務です。確定拠出年金は、老後のために資金を積み立てて運用するという制度です。当行ではちば興銀プランとしてさまざまな金融商品を取り扱っており、その企画や運営を担当しています。そして、もう一つは「Big Advance」というプラットホームサイトの運営業務です。「Big Advance」とは、当行が参画している日本全国約80の金融機関が連携したプラットホームサイトです。このサービスにより、当行のお客さまと他行のお客さまがWebサイト上でつながり、新たなビジネスを創出することができ、そこで発生するお問い合わせなどに対応しています。

知識を身につけて制約を乗り越え、
アイデアを形にしていく

営業企画部のやりがいは、世の中の動きを読んでお客さまのニーズに応えることだと感じております。場合によってはほかの金融機関の取組みを参考にしつつも、自分のアイデアで新たなサービスを生み出していくところに醍醐味があります。しかしながら、一般的な企業とは違い、さまざまな制約があり、難しい業務でもあります。
例えば、今担当している確定拠出年金には「確定拠出年金法」という法律があり、何かサービスを思い付いたとしても、万が一そこに抵触していれば、実行することができません。そのほか、今まで紙の書類で申込みいただいていたものを、Web申込みに移行したいと考えたとしても、電子署名や電子印鑑で法律上問題ないのかどうかなど、その都度確認することが必要となります。また、改訂されることが多い税制度が絡むケースもあるので、国税局のホームページを何度も確認する必要も出てきます。そのような専門的な知識を日々アップデートさせていくことは大変ですが、自分で考えた企画が形になり、成果が見えた時は何とも言えない達成感を感じることができます。

自分がいいと思った商品を信じて、
販売するために動き続ける

投資信託は、さまざまな運用会社で作られ、日本で何千本という数の商品が出回っています。かつて私が商品の選定を担当していた時、自信を持ってお客さまに販売できると思えた商品に出会ったことがありました。
しかし、その商品は、当行の「投資信託選定委員会」を通過することができませんでした。「投資信託選定委員会」は、当行が取り扱う投資信託の信頼性や妥当性などを判断する組織で、そこに認めてもらわなければ販売することができません。その商品を扱う運用会社は過去にちば興銀との取引がなく、商品自体もこれまでにない商品特徴だったため、信頼性が足りないと判断されてしまったのです。ですが、これは素晴らしい商品だという自信がありましたし、ぜひ当行のお客さまに勧めたいという想いが強くありました。そこで、改めてその運用会社を訪問し、データを隅々まで調べ、その商品を取り扱う他行の担当者へ話を聞きに行くなど、承認を得るために信頼に足る情報集めに自ら動き回りました。その結果、無事に委員会を通過し、販売できることになりました。この経験から「信じて動き続ければ、形にできる」ということを学ぶことができ、今でも仕事をする上での糧となっています。

REASON
入行の決め手

就職活動は、地元千葉県の企業を中心に検討していました。転勤があったとしても異動する範囲が限られており、ライフプランを形成しやすそうだと思ったからです。そして、人々の生活に欠かせない、お金の流通を担う銀行の仕事に興味を持ちました。千葉県内の銀行をいくつか受けたなか、ちば興銀では面接の最後に握手をしてくれたり、「また会いたいね」と声を掛けてくれたり、いい意味でフランクな印象に惹かれて入行を決めました。

VISION
これからの目標

これまでになかったような新しい企画に挑戦したいと考えています。そのために、新聞や経済誌などの情報だけではなく、誰かの“生の声”からもアイデアを考えられるようになりたいです。生の声は、その人が思っていることそのもので、フィルターが掛かっていません。そこに新しいヒントがあると思うのです。さまざまな人との会話のなかで常にそのことを意識し、お客さまに「ちば興銀いいね」と選んでいただけるような発想・企画ができたらと思います。