情報開示方針(ディスクロージャー・ポリシー)

1.基本的な考え方

当行は、地域金融機関としての社会的責任と公共的使命を認識し、透明性の高い情報開示を図るとともに、お客さま・株主・投資家・地域社会のみなさまからの信頼・評価を高めるため、財務情報やその他情報について、適時適切かつ分かりやすい開示に努めます。

2.開示する情報

当行は、会社法、銀行法、金融商品取引法、その他の関係法令および東京証券取引所が定める規則等に従い、重要な情報の開示を行います。また、お客さま・株主・投資家・地域社会のみなさまが当行を理解するために役立つと思われる情報についても、積極的な開示に努めます。

3.情報開示の方法

当行は、法令および東京証券取引所が定める規則等において開示が求められている情報については、その定めに従い適時適切に開示を行うほか、当行ホームページにおいてもその内容を掲載します。

4.情報開示の体制

本情報開示方針を適切に運用するため、行内関連諸規定を含む体制の整備や充実を継続的に行います。
情報開示に関する情報は、適時開示の統括部署である経営企画部に集約され管理を行っており、開示にあたっては行内の定めに従い、頭取および担当役員の承認(取締役会、経営会議の承認を含む)を得て、すみやかに実施します。

5.フェア・ディスクロージャー・ルールの遵守

当行は、フェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、情報開示が特定の投資家等に対する選択的な開示とならないよう公平性に配慮し、運用・管理を行います。

6.将来情報に関する事項

当行が開示する情報には、当行を適切に評価していただくため、将来の戦略や業績予想等の記述が含まれる場合があります。将来予測に関する記述は、業績等が記述どおりに達成されることを保証するものではなく、さまざまな要因によって変動する可能性があります。

以上

ページの上部へ