法人向けインターネットバンキング

コスモスWEB ご利用規定

ちば興銀コスモスWEBワンタイムパスワードご利用規定は、ちば興銀コスモスWEBサービス(以下「本サービス」といいます)の契約者ご本人(以下「契約者」といいます)が、ワンタイムパスワードを利用する場合の取扱を明記したものです。ワンタイムパスワードを利用する場合は、下記条項のほか、ちば興銀コスモスWEBご利用規定に準じます。

第1条 ワンタイムパスワード

    ワンタイムパスワードとは、本サービスのご利用に際し、パスワード生成ソフト対応スマートフォン・携帯電話機(以下「携帯電話機」といいます)にインストールされたワンタイムパスワード生成アプリケーション(以下「ソフトウェアトークン」といいます)、もしくは当行が契約者へ貸与する所定のワンタイムパスワード生成機(以下「ハードウェアトークン」といいます)により、生成・表示された可変的なパスワードをいいます。

ページの上部へ

第2条 ワンタイムパスワード利用者

    ワンタイムパスワードが利用できる方は、本サービスの契約者で当行所定の方法で、ワンタイムパスワードを申し込まれた方とします。

ページの上部へ

第3条 トークン(ワンタイムパスワード生成機)の種類

    ワンタイムパスワードの利用は当行所定の申込書により、ソフトウェアトークンまたはハードウェアトークンのいずれか1つを選択してください。 ワンタイムパスワードの利用は、後記第4条 ワンタイムパスワードの利用方法 2.ハードウェアトークン(5)に定める追加および再発行の場合を除き、無料です。

ページの上部へ

第4条 ワンタイムパスワードの利用方法

  1. ソフトウェアトークン
    • (1) ソフトウェアトークンを利用する場合は、当行へ所定の申込書を提出してください。当行から利用マニュアルを送付しますので、利用マニュアルの手順により、携帯電話機へアプリケーションのダウンロードを行ってください。
    • (2)ソフトウェアトークンの利用は、初期設定を行うことで可能となります。携帯電話機の初期設定画面にて契約者が入力し、送信したサービスID・ユーザID・利用開始パスワード(以下「利用開始パスワード等」といいます)と、当行が保有している利用開始パスワード等が一致した場合は、当行は契約者からのワンタイムパスワード利用開始の依頼とみなし、ワンタイムパスワードの提供を開始します。
    • (3)ワンタイムパスワードの利用開始後は、当行所定の取引について、通常の本人確認方法に加えてワンタイムパスワードを当行所定の方法にて正確に入力、送信してください。当行が受信し、認識したワンタイムパスワード等と、当行が保有するワンタイムパスワード等が一致した場合には、当行は契約者からの取引の依頼とみなします。
    • (4) 当行が保有するワンタイムパスワードと異なるワンタイムパスワードが当行所定の回数以上連続して伝達された場合は、当行はワンタイムパスワード必要取引について利用を停止します。ワンタイムパスワードの利用再開を希望される場合は、マスターユーザおよび管理者ユーザが本サービスで利用者管理メニューから対象利用者の利用停止解除を行ってください。全てのマスターユーザおよび管理者ユーザが利用停止になり、ログインできるユーザがいなくなってしまった場合は、契約者が当行所定の方法により当行に届出を行ってください。
    • (5) ソフトウェアトークンとして利用している携帯電話機を変更される場合は、マスターユーザおよび管理者ユーザが本サービスで利用者管理メニューから対象利用者のトークンの失効を行ってください。全てのマスターユーザおよび管理者ユーザが利用停止になり、ログインできるユーザがいなくなってしまった場合は、契約者が当行所定の方法により当行に届出を行ってください。
  2. ハードウェアトークン
    • (1) ハードウェアトークンを利用する場合は、当行へ申込書を提出してください。当行は契約者の届出住所にハードウェアトークンと利用マニュアルを送付します。ハードウェアトークンの送付は日本国内に限ります。なお、届出住所不備または不在等によりハードウェアトークンが返戻となった場合、一定期間経過後にハードウェアトークンを廃棄しますので、ワンタイムパス ワードを利用するにあたっては、再度、当行所定の利用申込を行ってください。
    • (2)ハードウェアトークンの利用は、ハードウェアトークンが契約者へ到着後、所定の手続により利用開始登録を行うことで可能となります。本サービスのワンタイムパスワード利用開始登録画面にて契約者が入力し送信したシリアル番号・ワンタイムパスワード(以下「シリアル番号等」といいます)と、当行が保有しているシリアル番号等が一致した場合は、当行は契約者からのワンタイムパスワード利用開始の依頼とみなし、サービスの提供を開始します。
    • (3)ワンタイムパスワードの利用開始後は、当行所定の取引について、通常の本人確認方法に加えてワンタイムパスワードを当行所定の方法にて正確に入力、送信してください。当行が受信し、認識したワンタイムパスワード等と、当行が保有するワンタイムパスワード等が一致した場合には、当行は契約者からの取引の依頼とみなします。
    • (4) 当行が保有するワンタイムパスワードと異なるワンタイムパスワードが当行所定の回数以上連続して伝達された場合は、当行はワンタイムパスワード必要取引について利用を停止します。ワンタイムパスワードの利用再開を希望される場合は、マスターユーザおよび管理者ユーザが本サービスで利用者管理メニューから対象利用者の利用停止解除を行ってください。全てのマスターユーザおよび管理者ユーザが利用停止になり、ログインできるユーザがいなくなってしまった場合は、契約者が当行所定の方法により当行に届出を行ってください。
    • (5)1契約者につき1個目のハードウェアトークンの利用手数料は無料です。2個目以降のハードウェアトークンを追加発行する場合は、当行所定の追加発行手数料が必要です。契約者の責に帰さない故障・破損等によりハードウェアトークンにワンタイムパスワードが表示されなくなった場合、当行はハードウェアトークンを無料で交換します。契約者の責による故障・破損等の場合、または紛失した場合は当行所定の再発行手数料が必要です。
    • (6)ハードウェアトークンの有効期限は当行が定める期限までとします。当行は有効期限が到来する前に、新しいハードウェアトークンを契約者の届出住所に発送しますので、当行所定の方法で有効期限を更新してください。

ページの上部へ

第5条 ワンタイムパスワードの管理

    ワンタイムパスワードは厳重に管理し、他人に知られないようにしてください。ソフトウェアトークンとして利用している携帯電話機・ハードウェアトークンは紛失、または盗難に遭う等のないよう十分ご注意ください。ソフトウェアトークンとして利用している携帯電話機・ハードウェアトークンを紛失、または盗難に遭う等した場合は、直ちに契約者から当行に届出て下さい。

ページの上部へ

第6条 解約

    本サービスが解約された場合は、ワンタイムパスワードも自動的に解約となります。

ページの上部へ

第7条 免責事項

    当行の責に帰さない、通信回線等の障害、契約者の携帯電話機・ハードウェアトークン等の不具合および盗難・紛失等より、ワンタイムパスワードが利用できない場合、当行は責任を負いません。

ページの上部へ

第8条 規定の変更

  1. 当行は、この規定を当行の都合によりいつでも変更することができるものとします。
  2. 変更内容は、当行のホームページに掲示するものとします。
  3. 以上
    (2017年8月10日現在)

ページの上部へ

このページについてのお問い合せ

コスモスWEBについてはこちら|千葉興業銀行 EBサービスセンター|フリーダイヤル0120-122-606|受付時間:平日 9:00~18:00(銀行休業日は除きます)

コスモス外為WEBについてはこちら|千葉興業銀行 コスモス外為WEBヘルプデスク(外国為替取引サービス専用)|フリーダイヤル0120-717-785|受付時間:平日 9:00~17:00(土日祝日.銀行休業日は除きます)

最寄りのちば興銀本支店の窓口にご相談ください

  • 店舗・ATM検索

ページの上部へ