お役立ちコラム みなさまが感じる「お金」に関するさまざまな疑問や、ちば興銀にて取り扱う商品やサービスの内容をコラム形式で紹介しています

教育ローン、国の教育ローン、奨学金の違いは何?FPが徹底比較!

ちば興銀の教育ローンと奨学金と国の教育ローンの違いは?

ちば興銀の教育ローンと奨学金と国の教育ローンの違いをまとめました。

項目 ちば興銀の教育ローン 奨学金【JASSO・貸与型(第二種)】 国の教育ローン
主体者 親(扶養者) 本人 親(扶養者)
申込時期 いつでも 奨学金申込みは学校を通じて行われるので在学校へ要問合せ いつでも
申請から入金まで 2週間前後 申込締切月の2か月後に初回の奨学金が振り込まれます。
(在学採用時)
必要時期の2~3ヵ月前がお申込みの目安
利用制限 収入上限や学力基準による利用制限はなし 学力と家計による2つの基準あり 子どもが1人の場合世帯年収(所得)の上限額790万円(590万円)
※子どもの人数に応じて段階的に引上げ
融資対象 中・高校、高専、短大、大学、大学院、盲・聾・看護学校、専修学校、各種学校、進学予備校など 大学院・大学(学部)、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)で学ぶ学生・生徒
*修業年限が6ヵ月以上(外国の教育施設は3ヵ月以上※)で、中学校卒業以上の方を対象とする次の教育施設です。ただし、大学等であっても在籍する課程や学校教育法によらない学校については、対象とならない場合があります
中学校卒業以上のお子さまのさまざまな学校、幅広い用途に対応※修業年限が6ヵ月以上(外国の教育施設は3ヵ月以上)で、中学校卒業以上の方を対象とする次の教育施設。ただし、大学等であっても在籍する課程や学校教育法によらない学校については、対象とならない場合あり
金利 年2.4%~年3.9%(変動金利・保証料込) 年3.0%が上限(「利率固定方式」と「利率見直し方式」のいずれかを選択、保証機関保証の場合、保証料は別途毎月の奨学金から差し引きかれる) 在学中は無利子 年1.68%(固定金利・保証料は別途融資金から差し引かれる)
返済 在学中は金利のみ 在学中は無利息 在学中は金利のみ
保障内容 ・団体信用生命保険により、死亡・高度障害時に全額免除。
・ガン保障特約とリビングニーズ特約により、ガンと診断された場合と余命6カ月以内と判断された場合に同じく免除(+0.2%金利)
返還未済額の全部又は一部の返還を免除することができる制度があります。
・本人が死亡し返還ができなくなったとき。
・精神若しくは身体の障害により労働能力を喪失、又は労働能力に高度の制限を有し、返還ができなくなったとき
無し

※お申込みにあたりましては、当行所定の審査がございます。審査の結果、ご希望に沿えない場合もございますので、予めご了承ください。

教育ローンは親が借り、奨学金は子どもが借りて返済する

教育ローンと奨学金の違いとして、「誰」が借りるのかというのがまずポイントです。奨学金は大学在籍するご本人が返済義務を追い、教育ローンは親御様が負います。奨学金を利用することで、お子様が社会人になってからしばらく返済負担が発生します。一方で、親御様側も住宅ローン等の他の支払いと重なることも多いです。お互いの今後の生活にどう影響するかを親子でよく話し合い、どちらが借りるのか奨学金と教育ローンを組み合わせて利用するのかどうかを決めることをオススメします。

奨学金、「国の教育ローン」は低利での借入が可能

金利面の比較をしますと、奨学金が年0.1%~年0.5%(「利率固定方式」と「利率見直し方式」のいずれかを選択、保証機関保証の場合、保証料は別途毎月の奨学金から差し引きかれる)、「国の教育ローン」が年1.68%(固定金利・保証料は別途融資金から差し引かれる)と、いずれも低利での借入が可能となっています。

奨学金は無利子貸与の条件は厳しく、「国の教育ローン」は年収の上限がある。

奨学金の無利子貸与の条件は各学校によって異なりますが、一般的に学力と家計の2つの基準で、審査を通るのは難しいです。「国の教育ローン」は、教育に関する家庭の経済的負担の軽減と教育の機会均等を目的とした公的なローンのため、年収上限が設けられています。(注1)ちば興銀の教育ローンは、申し込みにあたって収入上限や学力基準による利用制限はなく、保証会社((株)オリエントコーポレーション)の審査が通った場合に利用可能です。

ちば興銀の教育ローンは申し込みから振り込みまでが早い。

奨学金は在学採用時、申込締切月の2か月後に初回の奨学金が振り込まれ、(注3)「国の教育ローン」は、必要時期の2~3ヵ月前がお申込みの目安となっています。(注4)対して、ちば興銀はネットで仮審査可能で必要書類も少なく、申込から1-2週間でお振込みがあります。

初年度の1年間で、上記の初年度入金額に加えてお子様の生活費等も必要となります。お子様が受験される学校に合格した場合、お金がどのくらいかかるか併願校も合わせて把握されることが大事です。

留意事項・商品概要説明はこちら

こんな方は、ちば興銀の教育ローンがオススメ

入学金/授業料などまとまったお金が必要な場合

お子様の大学入学に際し、入学金や前期の授業料、引っ越し代や家賃、教科書代等とまとまったお金が必要になり、多くが入学前に支払いを行います。奨学金は入学後の振込となり、「国の教育ローン」は必要時期の2~3ヵ月前がお申込みの目安です。対して、ちば興銀の教育ローンは申込からお振込みまで2週間が目途となっており、なるべく早くまとまったお金を準備される場合は、ちば興銀の教育ローンがオススメです。

入学金や授業料でまとまったお金の備え方にご興味ある方は、「FPが語る!!入学金/授業料と急な出費に対して、教育ローンでの賢い備え方

私立大学医学部や歯学部等で大きな金額が必要な場合

私立大学医学部の初年度納入金平均額は727万715円、私立大学歯学部は559万5424円です。(注5)

ちば興銀の教育ローンは医・歯学部に就学される場合、お借入金額が最大1,000万となり、高額なまとまったお金を準備することができます。奨学金や国の教育ローンのみでは不足する場合に併せて活用することもできます。

参考:奨学金(JASSO)は毎月の貸与金額(月額20,000円~120,000円(10,000円刻み)※私立大学の医・歯学の課程の場合、160,000円に増額可能、私立大学の薬・獣医学の課程の場合、140,000円に増額可能)、「国の教育ローン」は上限が350万円(*修業年限5年以上の大学の場合、上限450万円)(注6)(注7)

また、ちば興銀の教育ローンであれば、ガン保障付きの団体信用生命保険も選択できます。ガン保障付きプランは、死亡や高度障害に加えてガンや余命6ヵ月以内と判断された場合もローン残高が0円となります。高額のお借入れの場合でも、もしもに備えることが可能です。

※「上皮内新生物(上皮内ガン)」および「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚のその他の悪性新生物(皮膚ガン)」は、診断給付金のお支払い対象となりません。「上皮内新生物(上皮内ガン)」には、大腸の粘膜内ガン、膀胱や尿路、乳管等の非浸潤ガンを含みます。
詳しい保障内容や保険金・診断給付金によるご返済が受けられない場合(免責事項)などお客さまの不利益となる事項の説明については、「被保険者のしおり」に掲載の「契約概要」「注意喚起情報」で必ずご確認ください。」

留意事項・商品概要説明はこちら

ちば興銀の教育ローンについてもっと知りたい方は、「現役銀行員とFPが徹底解説!ちば興銀の教育ローンを選ぶ人はどんな人?」。

水上 克朗(みずかみ かつろう)

ファイナンシャルプランナー

慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務などを経験。50代での人生の転機に、これまでの経験とFPの知識を活かし、自身のライフプランを見直し老後1憶円資産の捻出方法を確立。現在、執筆、監修、FP相談、セミナー・研修講師などで、ライフプラン、金融資産運用などの観点からアドバイスを行っており、その内容は、新聞、雑誌、Webなどの各メディアで数多く取り上げられている。著書に「50代から老後の2000万円を貯める方法」(アチーブメント出版)がある。

奨学金とは

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の奨学金が最も一般的です。「経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、学生本人に「貸与」または「給付」する制度」とされています。「貸与型」と「給付型」があり、貸与型も無利子と有利子で分かれています。

国の教育ローンとは

政府系金融機関である日本政策金融公庫の教育一般貸付のことです。教育に関する過程の経済的負担の軽減と教育の機会均等を目的としており、世帯年収による制限や母子(父子)家庭の優遇があることが特徴です。350万円を上限にお金を借りることができます(一定の要件を満たすと上限450万円)。在学期間中は利息のみの返済が選択可能です。

注1:「日本政策金融公庫|教育ローンの意義」
https://www.jfc.go.jp/n/recruit/business/business03.html

注2:「日本政策金融公庫|ご利用条件」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/ippan/joken.html

注3:「独立行政法人日本学生支援機構|初回の振込はいつですか。」https://www.jasso.go.jp/faq/shogakukin/kaigai2/k18/1305155_10279.html

注4:「日本政策金融公庫|教育一般貸付(国の教育ローン)」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

注5:「旺文社教育情報センター:2020 年度 学費平均額」
http://eic.obunsha.co.jp/pdf/educational_info/2020/1029_1.pdf

注6:「独立行政法人日本学生支援機構|第二種(利子が付くタイプ)」
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/kingaku/2shu/index.html

注7:「日本政策金融公庫|制度改正告知チラシ」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/pdf/info_200401.pdf

2020年12月31日現在

ページの上部へ