お役立ちコラム みなさまが感じる「お金」に関するさまざまな疑問や、ちば興銀にて取り扱う商品やサービスの内容をコラム形式で紹介しています

【2021年最新版】

自動車に関する税金の種類や金額、減税制度について徹底解説

NISA

自動車を購入すると、車両代やオプション費用だけではなく、消費税や自動車税など複数の自動車に関する税金の支払いが発生します。2021年時点における自動車に関する税金は4種類あり、それぞれ支払うタイミングも異なります。今回、自動車に関する4種類の税金について詳しく解説するとともに、知っていると役に立つ減税制度についてもご紹介します。税金の支払いを少しでも抑えたい場合は、減税制度の活用を検討しましょう。

自動車に関する税金一覧

2021年時点における自動車に関する税金は以下の4種類です。

  • 自動車税(種別割)/ 軽自動車税(種別割)
  • 自動車重量税
  • 環境性能割
  • 消費税

以下でそれぞれの税金の概要と支払うタイミングをご紹介します。税金について正しく理解し、支払い忘れが無いようにしましょう。

自動車税(種別割)/ 軽自動車税(種別割)

「自動車税 / 軽自動車税」は、毎年4月1日時点で自動車を所有している人が納税する都道府県税です。所有している車の総排気量が660㏄超の場合は「自動車税」、総排気量が660㏄以下の軽自動車の場合は「軽自動車税」になります。自動車税または軽自動車税は、都道府県から送付される納税通知書を用いて毎年5月末までに支払います。
自動車税の税額は総排気量によって変動しますが、2019年10月の税制改正により、以降に初回新規登録を受けた自動車には引下げとなった新税額が適用されることとなりました。納税通知書に記載されている税額を確認のうえ、5月末までに納税しましょう。

参考:千葉県「自動車税(種別割)

自動車重量税

「自動車重量税」は自動車の重量等に応じて課税される国税です。税額は車両重量のほか、車種(普通自動車・軽自動車)や経過年数に応じて変動します。
支払いの時期としては、自動車の購入時に初回分を支払い、以降は車検時に車検証の有効期間分(2年分)をまとめて支払います。
なお、2021年5月1日から2023年4月30日までの間に、環境性能に優れた検査自動車が最初に受ける新規車検において納付すべき自動車重量税については、納付すべき自動車重量税が減免(100%、75%、50%、25%)されます。

参考:国税庁「No.7192 自動車重量税のあらまし

環境性能割

「環境性能割」とは、2019年9月以前にあった「自動車取得税」が廃止となった代わりに2019年10月から新たに導入された車の購入時に支払う税金のことです。
税額は「自動車の通常の取得価額×税率」で算出し、税率は自動車が0~3%(※)、軽自動車が0~2%であり、新車・中古車に関係なく燃費性能が高い車ほど低くなります。
※営業用自動車は0~2%
なお、電気自動車、天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車は非課税の対象となり、納税義務はありません。

参考:千葉県「自動車税(環境性能割)

消費税

「消費税」は皆さまご存じのことと思いますが、車に限らずモノやサービスを買った場合にかかる税金です。2021年時点の税率は10%のため、車両購入時に車の購入総額の10%分の消費税を支払います。なお、「車両購入費」とは車両の本体だけでなく、ナビやフロアマットなどのオプションや付属品など、車を買う際にかかった費用全てを含みます。支払いは車両代にかかる消費税は購入時のみですが、車検や修理にかかる消費税はその都度発生します。

参考:国税庁「消費税

減税制度について(税金の支払い額を減らす方法)

車自体の価格が高いため、関連する税金も高く、負担が大きいと感じる人も少なくないでしょう。しかし、現在は減税制度が複数用意されており、これらを活用することで税金の支払い額を抑えられる可能性があります。ここからは3種類の減税制度をご紹介します。減税制度の対象となるかを確認し、税金の支払いを少しでも減らせるよう検討しましょう。

グリーン化特例

車の排気ガスによる環境汚染が問題となっている近年では、環境に配慮した車を対象とした減税制度が多く制定されており、「グリーン化特例」もその一つです。
「グリーン化特例」とは、燃費や排気ガス性能が優れた車を購入した際に、翌年度の自動車税または軽自動車税が軽減される制度です。排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車が対象となり、2019年4月1日~2021年3月31日の間に購入した対象車は25~75%、2021年4月1日~2023年3月31日に購入した対象車は75%減税されます。

参考:国土交通省「自動車関係税制について(エコカー減税、グリーン化特例 等)

エコカー減税

「エコカー減税」もグリーン化特例同様、環境に考慮した車を対象とした減税制度です。
「エコカー減税」は、排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車が対象であり、性能に応じて自動車重量税が免税または減税となります。
国土交通省が定めた基準を満たし2023年4月30日までに新規登録した自動車は25〜100%の減税となります。特に電気自動車や燃料電池自動車、天然ガス自動車(2018年排出ガス規制適合)、プラグインハイブリッド自動車ならびに2030年度燃費基準90%達成車は、2回分の自動車重量税が免税となるため、実質5年分の自動車重量税の支払いが免除されます。

参考:国土交通省「自動車関係税制について(エコカー減税、グリーン化特例 等)

自動車税環境性能割の税率が低い車

環境性能割の税率が低い車は、購入時に支払う税額が少なくなります。そのため自動車税環境性能割の税率を基準に購入する車を選ぶことも、自動車にかかる税金を減らす手段の一つです。
環境性能割は自家用車の場合最大で3%の税率となりますが、電気自動車は非課税になるほか、燃費性能の良いガソリン車も非課税になる可能性があります。環境性能割が非課税であれば、車両費が200万円の自動車を購入するときに最大6万円分の税金を削減することができます。また、電気自動車や環境に考慮した車は、先ほどご紹介した「グリーン化特例」や「エコカー減税」の対象となることでさらに税金の支払い金額を抑えられる可能性があります。
車種にこだわりがなく税金を安く抑えたい場合は、電気自動車や燃費性能の良い車を選びましょう。

車のローンなら、ちば興銀マイカーローン

自動車の購入によって発生する費用としては、車両本体の費用だけではなく、税金についても考慮する必要があります。購入以降も税金の支払いが必要となることも念頭に資金計画を練ることが大切です。
資金計画を立てた結果、車の購入代金の支払い方法として現金一括払いやクレジットカード払いではなく、ローンでの支払いを選択される方も多いです。ローンには、銀行など金融機関から貸付を受けるマイカーローンと、ディーラーから貸付を受けるディーラーローンがありますが、マイカーローンのご利用を希望される方は、ぜひちば興銀でのお申込みをご検討ください。

ちば興銀マイカーローン〈たよれるローンセレクト(マイカー)〉(以下、ちば興銀マイカーローン)は、借入金は最大1,000万円まで、借入期間は最長10年と、長期での申し込みが可能です。
お申し込みはインターネットまたはFAXから簡単に行えます。
カードローン【リリーフ】(借入極度30・50万円コース)との同時申込も可能です。
マイカーローンをご検討の方は、ぜひちば興銀マイカーローンをご利用ください。

留意事項・商品概要説明はこちら

水上 克朗(みずかみ かつろう)

ファイナンシャルプランナー

慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務などを経験。50代での人生の転機に、これまでの経験とFPの知識を活かし、自身のライフプランを見直し老後1憶円資産の捻出方法を確立。現在、執筆、監修、FP相談、セミナー・研修講師などで、ライフプラン、金融資産運用などの観点からアドバイスを行っており、その内容は、新聞、雑誌、Webなどの各メディアで数多く取り上げられている。著書に「50代から老後の2000万円を貯める方法」(アチーブメント出版)がある。

2021年6月30日現在

ページの上部へ