お役立ちコラム みなさまが感じる「お金」に関するさまざまな疑問や、ちば興銀にて取り扱う商品やサービスの内容をコラム形式で紹介しています

【2021年最新版】

自動車購入の手続きや注意点について解説!

NISA

自動車を購入するためには、必要書類の準備とさまざまな手続きを行う必要があります。必要書類は複数あり、申請から発行するまでに時間を要する場合も少なくありません。事前に必要な流れや必要書類がわからないとスムーズに手続きが進められない原因になってしまいます。そこで自動車購入の契約に必要となる書類と、購入から納車までの流れを詳しく解説します。

新車・中古車購入の契約に必要な書類と手続き

普通自動車を購入する場合は、新車・中古車に関わらず原則として免許証、実印と印鑑証明書、自動車保管場所証明書、自動車検査証、自賠責保険証、委任状が必要です。一方、軽自動車の購入時には、印鑑(認印でも可)、住民票、自動車検査証、自賠責保険証、委任状(地域によっては自動車保管場所証明書)が必要となり、普通車の購入時とは必要書類が異なるので注意しましょう。ここからはそれぞれの書類の詳細について解説します。書類発行の手順や発行にかかる時間を把握し、余裕を持って準備しましょう。

免許証

「免許証」はローンの手続きや、契約に必要な書類の発行と手続きの際に必要です。有効期間内であることを確認のうえ、各書類を発行する際に持参しましょう。

実印&印鑑証明書

「印鑑証明書」は印鑑を実印として登録していることを示す書類を指します。印鑑証明書の発行はお住まいの市区町村の役所で行い、発行には実印が必要です。
自動車の購入手続きの際には、車の使用者と所有者となる人の印鑑証明書が必要となります。つまり、使用者と所有者が異なる場合には2人分の印鑑証明書を準備しなくてはならないので注意しましょう。※ただし、ディーラーローンを組んで自動車を購入する際には印鑑証明書は不要です。

自動車保管場所証明書(車庫証明書)

「車庫証明書」とも呼ばれる「自動車保管場所証明書」は、車の保管場所を確保していることを証明する書類です。車の保管場所の所在地を管轄する警察署に申請し発行しますが、販売店によっては手数料を支払うことで代行してもらうことも可能です。警察署に行く時間が取れない場合は、販売店が代行サービスを行なっているかを確認し依頼しましょう。 なお、警察署で発行する場合には申請から発行までに1週間ほどかかるため、余裕を持って申請しましょう。

自動車検査証(車検証)

「車検証」とも呼ばれる「自動車検査証」は、車が自動車保安基準を満たしていることを証明する書類で、車の種類や使用者、所有者などの情報が記載されています。自動車検査証は基本的に販売店が準備するため、自分で用意する必要はありません。

自賠責保険証

「自賠責保険証」とは自賠責保険に加入していることを証明するための書類です。自賠責保険は車を購入する際に必ず加入しなければならない保険です。
自賠責保険証を用意する際には、車台番号、保険期間、保険料収納済印、車検有効期間の記載に誤りが無いかを確認しましょう。記入漏れや誤字があると手続きが進められないため注意しましょう。

委任状

「委任状」は、車の購入に必要な手続きを販売店に代行してもらう場合に必要となる書類です。車の登録はさまざまな手続きが必要となるため、販売店に任せるケースが一般的です。
委任状は、自分で発行する必要はなく販売店から渡されます。委任状の内容を確認し、問題がなければ署名と捺印をします。

住民票

軽自動車の購入では、住民票を提出するのが一般的です。現住所を証明できれば印鑑登録証明書でも問題ありません。また、普通車の場合でも、車検証と印鑑登録証明書の住所が一致しない時に、住所履歴を証明するために住民票が必要になるケースがあります。

車の購入から納車までの流れ

車の購入にあたり納車までにはどのようなことをするのか。特に初めて車を購入する場合は不安に感じる人も少なくありません。そこで車の購入から納車までの流れを詳しくご紹介します。

STEP1:予算、条件決め

車は大きさ、乗り心地、快適さなど、さまざまな種類があり、種類により価格が大きく異なります。同じ車種でもグレードが複数ある場合、グレードにより価格が大きく変わることも少なくありません。譲れない条件と妥協できる条件を明確にし、予算に合った車を見つけていきましょう。
また、同じ車種やグレードでも、新車よりも中古車の方が価格は安くなります。予算を大幅に超えてしまう場合には、中古車を検討してみるのも良いかもしれません。中古車は販売会社により価格が異なるため、一つの販売会社だけではなく複数の販売会社から比較することで費用を安く抑えられます。

STEP2:車選び、試乗

予算と条件に合った車を見つけたら試乗してみましょう。実際に試乗することで運転のしやすさや乗り心地がわかります。購入後に思ったよりも運転がしにくい、乗り心地が悪いなどといったミスマッチを防ぐためにも、必ず試乗をしましょう。
車の購入先としては、ディーラーや中古販売店、サブディーラー、オークションなどがあります。店舗で購入する場合は事前に在庫確認と予約の電話をしておくと、無駄足を踏まずスムーズに車を選べます。

STEP3:見積もり、お金の準備

試乗して購入する車を決めた後も、すぐに購入をするのではなく、必ず見積もりをとりましょう。見積もりを取ることで「見込んでいた金額と違った」などのトラブルを防ぐことができるほか、具体的な金額の把握によって、ローンのシミュレーションも立てやすくなり、無理せずローンを組めるかも判断できます。また、複数の販売店の見積もりを比較することで購入費用を抑えられることもあります。
見積もりが予算を少し超えている場合には、値引き交渉をしてみるのもおすすめです。店舗によりますが、交渉することで多少の値引きをしてもらえることがあります。

STEP4:必要書類の準備と手続き

見積もりに納得し購入の意思が固まったら必要書類の準備と手続きに入ります。
必要書類は上記でもご紹介したように、普通車の場合は印鑑証明書、自動車保管場所証明書、自動車検査証、自賠責保険証、委任状、軽自動車の場合は印鑑(認印でも可)、住民票、自動車検査証、自賠責保険証、委任状(地域によっては自動車保管場所証明書)です。それぞれの取得方法は上記をご覧ください。

STEP5:契約、支払い

必要書類を全て揃えたら契約に移ります。売買契約書を漏れなく確認し、問題がなければ契約書に署名と捺印をします。契約後のトラブルを防ぐために、契約書は隅々まで見落としなく確認してください。
契約が完了したら支払いを行います。支払い方法は現金一括払い、ローン払い、クレジットカード払いなどです。現金一括払いとクレジットカード払いはその場で支払うことができます。ローン払いは、頭金を入れる場合は頭金のみをその場で支払い、ローン払いの契約をします。

STEP6:納車

全ての手続きを終えたらいよいよ納車です。整備が完了し次第連絡が入るため、連絡が来るのを待ちましょう。
連絡が来たら再度店舗へ行き、車を引き取って購入完了です。なお店舗によっては納車代行を行なっている場合があります。店舗に引き取りに行けない場合は、納車代行手続きを行いましょう。

車の購入前に準備しておきたいこと

車の購入には必要書類の準備やさまざまな手続きが必要です。ここからは車の購入前に準備すべきことをご紹介します。前もってやるべきことを把握しておき、直前に慌てずに済むようにしましょう。

駐車場の確保

車を購入する上で車庫や駐車場は不可欠です。車の購入時に必要となる車庫証明書は、駐車場が決まっていないと申請できません。事前に駐車場を確保しておきましょう。

乗り換えの手続き

すでに車を所有しており、新たに車を乗り換える場合には、乗り換えの手続きが必要となります。具体的には、手放す車を下取りや買い取りに出すための手続きです。販売店によっては、下取りや買い取りキャンペーンを行なっているので、キャンペーンを活用することで新たな車の購入費用を安くできる場合があります。

カーローンの申込み

車は大きな買い物です。そのため、現金一括払いやクレジットカード払いではなく、ローンを組んで購入する方も多いです。ローンには銀行などの金融機関から貸付を受けるマイカーローンと、ディーラーから貸付を受けるディーラーローンがあります。ディーラーローンは車の購入手続きと同時に申込みができます。一方、銀行のマイカーローンを利用する場合は、事前に自分で申込手続きをする必要があります。審査にかかる時間も想定し、見積もりを出したタイミングでカーローンを申し込みましょう。

車のローンなら、ちば興銀マイカーローン

新車・中古車の購入をするなら、ちば興銀マイカーローン〈たよれるローンセレクト(マイカー)〉(以下、ちば興銀マイカーローン)がおすすめです。ちば興銀マイカーローンの借入金は最大1,000万円まで、借入期間は最長10年と長期での申し込みが可能です。さらに車の購入資金だけではなく、運転免許証の取得資金や返済中の自動車ローンの借換え資金にも利用できます。
お申込みはインターネットまたはFAXから簡単に行えます。

マイカーローンのご利用を希望される方は、ぜひちば興銀マイカーローンをご検討ください。

留意事項・商品概要説明はこちら

水上 克朗(みずかみ かつろう)

ファイナンシャルプランナー

慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務などを経験。50代での人生の転機に、これまでの経験とFPの知識を活かし、自身のライフプランを見直し老後1憶円資産の捻出方法を確立。現在、執筆、監修、FP相談、セミナー・研修講師などで、ライフプラン、金融資産運用などの観点からアドバイスを行っており、その内容は、新聞、雑誌、Webなどの各メディアで数多く取り上げられている。著書に「50代から老後の2000万円を貯める方法」(アチーブメント出版)がある。

2021年6月30日現在

ページの上部へ