お役立ちコラム みなさまが感じる「お金」に関するさまざまな疑問や、ちば興銀にて取り扱う商品やサービスの内容をコラム形式で紹介しています

銀行とディーラーで借りるカーローンと、残価設定型ローンの違いとは?

メリット・デメリットを解説

カーローン、残価設定型ローン

自動車購入時のローンには、銀行とディーラーいずれかで借りるローン(以下それぞれマイカーローン、ディーラーローンと記載)と残価設定型ローンと主に3つのローンがあります。

今回はどのローンがあなたにピッタリなのか、特徴やメリット/デメリットについて解説します。

マイカーローンとディーラーローンと残価設定型ローンの違い

マイカーローン、ディーラーローン、残価設定型ローンの内容やメリット、デメリットをまとめました。
詳細については後ほどそれぞれご紹介します。

内容 メリット デメリット
マイカーローン 金融機関から貸し付けを受けてローンを組む支払い方法
  • ・一般的に金利が低い
  • ・どこで車を買っても申込みできる。
  • ・購入前でも借り入れが可能か審査を受けられる。
一般的に審査基準が厳しい。
ディーラーローン ディーラーが提携している金融機関のローンサービスを利用する支払い方法 ・手続きが簡便。 ・銀行で借りるマイカーローンと比較して一般的に金利が高い
残価設定型ローン 残価を差し引いた金額のみを支払う方法 ・月々の支払額を安く抑えられる
  • ・支払利息が多くなる
  • ・追加料金が発生することがある

※ディーラーローンの中に残価設定型ローンが含まれる場合があるほか、「残価設定型ローン」は「残価設定クレジット」という表現する場合もあります。

留意事項・商品概要説明はこちら

ディーラーローンのメリットとデメリット

ディーラーローンのメリットとデメリットを解説します。
ディーラーローンとは、ディーラーが提携している信託会社やクレジットカード会社、保証会社からの貸し付けで車を購入するローン払いのことです。金融機関から直接借り入れるのではなく、ディーラーを介して行います。

ディーラーローンのメリット

ディーラーローンは、購入したディーラーで契約できるので手続きが比較的簡単なところがメリットとして挙げられます。

ディーラーローンのデメリット

ディーラーローンはマイカーローンに比べ、金利が高いというデメリットがあります。金融機関やディーラーによって異なるものの、マイカーローンの金利が1%台〜3%台であるのに対し、ディーラーローンの金利はおよそ3%台〜9%台です。金利が高いということは、支払い総額も大きくなるということ。つまり月々の返済負担が大きくなります。また、ディーラーローンは完済しないと車が自分名義にはなりません。

残価設定型ローンのメリットとデメリット

残価設定型ローンのメリットとデメリットをご説明します。
残価設定型ローンは残価設定クレジットとも言います。残価を差し引いた金額を月々返済していく支払い方法です。なお、「残価」とは中古車になった場合の価値を意味します。例えば500万円の車を残価設定型ローンで購入する場合、5年後の下取り価格が200万円であれば、残価である200万円を差し引いた300万円を5年間で支払います。契約期間のである5年を過ぎると、乗っていた車を返却しなければなりません。

残価設定型ローンのメリット

残価設定型ローンは前述の通り残価を差し引いた金額のみを支払うため、月々の支払額を安く抑えられるメリットがあります。

残価設定型ローンのデメリット

残価設定型ローンで1番気をつける必要があるのは、最終的に支払う金額が事前にわからないことです。残価設定型ローンで購入した車の所有権はローンを組む側ではなく、ディーラーや販売店側にあります。そのため契約期間が終了したらディーラーや販売店側に車を返却しなければなりません。その際に傷や凹みが多いと追加の支払いが発生することがあるほか、返却された車を中古車として再販するために走行距離に制限が設けられている場合も多く、オーバーすると超過分を支払わなければなりません。このように、返却時に追加料金が発生し、「当初の想定よりも支払い総額が高くなってしまった」というケースもあるので注意が必要になります。なお、あくまで車の所有権はディーラーや販売店側にあるため、車のカスタマイズなどは禁止されている場合がほとんどです。
また、月々の支払額は少ないものの、支払い利息が多くなるというデメリットもあります。残価設定型ローンは残価部分を差し引く形でローンを組むため元金の減りが遅く、その分多くの利息が発生します。

こんな人に銀行で借りるマイカーローンがオススメ

マイカーローンは銀行から貸し付けを受けて月々返済を行う方法です。マイカーローンを選択することで、金利を安く抑えられたり、車の所有権を得られたりします。ここからは、マイカーローンを選択することのメリットをご紹介します。

金利が気になる方

貸し付けを受けると当然金利がかかります。マイカーローンはディーラーローンと比べると2~6%程度金利を低く抑えられる可能性があり、その分支払い総額も小さくなります。金利が気になる方はマイカーローンがおすすめです。

借入金の使い道について自由度を広く求める方

マイカーローンはディーラーローンに比べ、借入金の使い道が幅広いという特徴もあります。ディーラーローンは車の支払いに限られますが、マイカーローンは車の付属品や車検、免許取得費用など、幅広くローンを組めます。車の購入は車自体だけではなく、オプション代も発生するため便利です。

自動車を所有したい方

ディーラーローンの場合、車の所有権はディーラーや販売店にあり、ローンの支払いが完了したら車を返却します。返済が完了し所有権を得るためには別途手続きを行わなくてはなりません。一方、マイカーローンであれば購入と同時に車の所有権を得られるため、ローン完済時に新たに手続きをする手間がかかりません。もちろん、車に傷や凹みがあっても追加料金を請求されることもありません。
自動車を所有したい方や車を自由にカスタマイズしたい方は、マイカーローンがおすすめです。

マイカーローンなら、ちば興銀

ちば興銀のマイカーローン〈たよれるローンセレクト(マイカー)〉(以下、マイカーローン)では、お借入金額は最大1,000万円まで、お借入期間は最長10年と長期にわたるお申込みが可能です。

以下の用途にご資金をご利用いただけます。

  • 新車や中古車、オートバイの購入資金
  • 運転免許証の取得資金
  • 現在ご返済中の自動車ローンのお借換え(残価設定型ローンのお借換えもできます)

さらに金利を0.5%上乗せすることで「ガン保障付プラン」を選択することも可能です。
(ただし、WEB完結は除きます)

スマートフォンやPC、またはFAXで、いつでもお申込みいただけます。

マイカーローンの借り換えをお考えの場合は、是非ちば興銀のマイカーローンの利用をご検討ください。

留意事項・商品概要説明はこちら

水上 克朗(みずかみ かつろう)

ファイナンシャルプランナー

慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務などを経験。50代での人生の転機に、これまでの経験とFPの知識を活かし、自身のライフプランを見直し老後1憶円資産の捻出方法を確立。現在、執筆、監修、FP相談、セミナー・研修講師などで、ライフプラン、金融資産運用などの観点からアドバイスを行っており、その内容は、新聞、雑誌、Webなどの各メディアで数多く取り上げられている。著書に「50代から老後の2000万円を貯める方法」(アチーブメント出版)がある。

2021年6月30日現在

ページの上部へ